役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > プリンターインクの互換品を使うメリット

プリンターインクの互換品を使うメリット

 プリンター用のインクカートリッジには、プリンターメーカーの純正インクとインクメーカーが独自に製造した互換インクがあります。
純正インクと比較して互換インクは割安です。
最も安価な場合は半額程度で購入できることもあります。
互換品が安価なのは、サイト等を利用して直販することで中間コストを抑えていたり、材料に工夫をしていたりするからだと見られています。
使われている原材料に違いがあるので、同じ印刷物を作成するのは難しいです。
両者の印刷物を比較した結果、再現性が90%を上回ることも多く、人の目でどちらのインクが使われているか見分けるのは非常に難しくどちらも品質が高いという実験結果も出ています。
互換品はメーカーによって製造場所が違い国内外で作られていて、国際的な認証を取得した工場で作られている物もあります。
既にプリンターが廃番となり、生産中止となった純正インクもありますが、互換品であれば旧商品のプリンターのインクカートリッジにも対応できる物も多いので、長い間大切に使っているプリンターのユーザーにも重宝されています。

 純正インクは使用済みカートリッジを回収する運動をして、カートリッジを資源としてリサイクル利用ができるように各地に回収場所を設置しています。
互換インクのメーカーも同様にゴミを減らすように努力されています。
リサイクルカートリッジを洗浄して利用する場合は、プリンターメーカーと同様に所定の場所に回収ボックスを設置したり、ユーザーが送料を負担することなく宅配便を使って回収したりするシステムが用意されているので、環境に気を遣う方にも利用しやすいでしょう。
また、ユーザー自身が使用済みのカートリッジに詰め替えをするタイプのインクの場合は、真空状態にしてパウチされた袋に入れて配送されるため、既存のカートリッジを廃棄することなく、そのまま使えるので無駄になることはありません。

 純正品から互換品に切り替えて使う場合に、一時的にインクの出が悪くなることがあります。
これは、材料の違いによりインクの粘度に差が出るため気泡が発生し、インクが噴射されにくくなる現象があるからです。
使用するうちに新しいインクになるため、トラブルは収まることが多いです。
互換品のメーカーでは、プリンターに不具合が出た場合に備えて相談窓口が用意されているため、万が一の場合でも安心して利用できます。
ただ、ノズルが詰まることが多い場合は、ノズルチェックをして熱で噴射口に冷えて固まったインクを溶かしてから印刷をするのですが、ノズルチェックの際にインクが使われるため、無駄に感じてしまう方もいるでしょう。
互換品のメーカーでは、プリンターのメーカーごとにクリーニング用の洗浄液の入ったカートリッジを揃えている場合があります。
通常のインクにも含まれるインクの固まりを防ぐ溶解剤が入っていて、プリンターにも安全にセットして使用できます。
定期的にクリーニングができるため、インクの消耗を抑えることが可能だとユーザーの評価も高いです。

カテゴリー