役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > プリンターインクのさまざまな種類

プリンターインクのさまざまな種類

 プリンターにはインクが必要になりますが、インクと一口に言っても実にさまざまな種類があり、まずは純正インクと非純正インクという種類の違いが挙げられます。
「純正インク」は、プリンターの製造メーカーが提供しているものであり、品質が高くメーカー保証が受けられるというメリットがありますが、値段が高いというデメリットがあると言えるでしょう。
一方の「非純正インク」はプリンターの製造メーカー以外の業者が作っているものであり、互換インクやリサイクルインク、詰め替えインクと呼ばれるものがあります。
非純正インクのメリットは、純正インクよりも値段が安いということであり、印刷コストを抑えたい場合に便利だと言えるでしょう。
ただし非純正インクは品質の悪いものもありますし、もしトラブルが起こってもプリンターの製造メーカーの保証が受けられないため注意しましょう。

 次に挙げられるインクの種類としては、一体型と独立型というインクカートリッジの種類の違いがあります。
「一体型」は、ヘッド部分とインクタンク部分が一体になっているタイプになります。
一体型のメリットはカートリッジの交換と同時にヘッドの交換が出来るため、ヘッドの劣化を気にしなくて済むということです。
しかし、複数の色のインクが一つのカートリッジに収まっているため、一色だけインク切れした場合でもカートリッジごと取り換える必要があるという点がデメリットになるでしょう。
一方の「独立型」は、ヘッド部分とインクタンク部分が独立しているタイプであり、色もそれぞれ独立しているため、一色ごとに交換出来るというメリットがあります。
しかし、カートリッジを交換してもヘッド部分は交換されないため、劣化したヘッド部分は別に交換しなければならないとう手間がかかります。

 さらに挙げられるインクの種類は、顔料インクと染料インクというインク成分の違いです。
「顔料インク」は、インクの粒子が大きいため、紙の表面に付着するように印刷されるという特徴があります。
そしてハッキリと濃く印刷出来たり、水や光に強いという耐久性の高さがメリットだと言えるでしょう。
ですので、会社の文書を長期保存したい場合などに向いていると言えますが、値段は染料インクより高くなります。
一方の「染料インク」は、インクの粒子が細かいため、紙の内部に浸透するように印刷されるという特徴があります。
そしてグラデーションなどの細かい表現が得意なので、写真の印刷に向いていると言えるでしょう。
ただし、染料インクは耐久性に劣るため、長期保存には向いていないのでその点は注意しておきましょう。

次の記事へ

カテゴリー