役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > プリンターの運用費を安くしたいならインクは代替品にする

プリンターの運用費を安くしたいならインクは代替品にする

 プリンターはとても便利な周辺機器ですが、インクの選定を間違うと、ランニングコストが高くなってしまうのが難点です。
もしも、プリンターの利用頻度が高いため、インク代が気になっているなら、代替品として売られている製品の活用を考えましょう。
家庭用のプリンターは、印刷のためにインクジェットという形式が採用されている製品がほとんどです。
そのインクジェット形式は、インクが入ったカードリッジというものから、インクを少しずつだすことで印刷を可能にしています。
もちろん、使えば使うほどインクは減っていくため、いずれは内部のカードリッジを交換しなければいけません。
そのとき、メーカーが販売する純正品を装着する必要はないため、安価な代替品を装着すれば、運用費の節約が簡単におこなえます。

 品質は二の次で、とにかく安いカードリッジを利用したいと考えるなら、100円ショップに訪れてみましょう。
そこには、数は少ないですが代替品のインクが並んでいますので、利用しているプリンターに使えるものがあれば、問題なく装着が可能です。
ただし、印刷の品質はよくないので、プリンターの利用頻度が高いなら、あまりおすすめができない方法です。
現在ならば、インターネット上で購入すれば、純正品よりもずっと安い価格で、品質のよいものを購入できます。
そのため、『純正品は高いので購入したくはないけれど、ある程度の品質は欲しい』と考える方は、ネットショップを利用したほうが賢いでしょう。
必要なカードリッジがすべてセットで、1000円以下で販売するネットショップもあるため、お得にプリンターが運用できます。

 ネットショップでカードリッジを購入するのなら、まずはプリンターから空になったものを取り出しておきましょう。
そこには、そのカードリッジの『型番』が記載されているため、それをネットショップで検索すれば、所有するプリンターに対応する製品を簡単に見つけられます。
装着できなかった場合は、業者が交換に応じてくれる可能性は高いですが、返送料は発生するので損をしてしまうでしょう。
なお、空になったカードリッジは必要ありませんので、自身で処分することになります。
その場合は、普通に捨てるのもよいですが、家電量販店などに設置されているリサイクルボックスを利用するのもよいでしょう。
そうすれば、そのカードリッジは代替品として再生されるので、どこかの家のプリンターで役立ててもらえます。

次の記事へ

カテゴリー