役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > プリンターの純正インクと互換インクの違い

プリンターの純正インクと互換インクの違い

 プリンターのインクは、購入時に本体とセットになっているため、しばらくはそのまま使うことが出来ますが、インクが切れると交換を行う必要があります。
そこで問題になるのが、純正インクと互換インクのどちらを選んだらいいのかということでしょう。
「純正インク」とは、プリンターメーカーが製造販売しているインクであり、そのプリンターに合わせて作られたものです。
なのでメーカー側はこの純正インクを使うことを推奨していますが、それ以外にも使うことができるインクがあります。
それが「互換インク」と呼ばれるものであり、プリンターメーカーとは別の会社が作っているものなのですが、純正インクと同じように使うことが可能です。
しかし、純正インクと互換インクにはそれぞれ特徴があるため、購入する際はその違いを知っておきましょう。

 まず「純正インク」は、プリンターメーカーが、プリンターの機種に合わせて作っているため品質が高いということが大きなメリットだと言えます。
印刷を行った際の品質の高さはもちろんですが、インクを使用することによるトラブルが起こりにくいという意味でも品質が高いと言えるでしょう。
純正インクは、ただ印刷に使えるということだけでなく、品質や耐久性の面でも十分な検証が行われているため安心感があります。
それに、純正インクの場合は、もしトラブルが発生した場合でもメーカー保証を受けることが可能なので、さらに安心して使うことが出来ると言えます。
ただし純正インクは価格が高いということがデメリットになります。
そのため、大量の印刷をする場合はコストが高くなってしまうというデメリットがあると言えるでしょう。

 一方の「互換インク」は、プリンターメーカーが製造販売しているものではありませんが、価格の安さが大きなメリットだと言えます。
純正インクだとコストがかかってしまうため、あまり気軽に印刷が出来ないという場合もありますが、互換インクであれば価格が安いため、大量に印刷してもコストを抑えることが可能です。
そして互換インクと言っても、品質の高いものもあるため、信頼できる会社のものであれば純正インクに近い品質のものを使うことが可能です。
ただしデメリットとしては、互換インクを使うと、プリンターメーカーの保証を受けることが出来ないということが挙げられます。
それに、品質の悪い互換インクを使うと、印刷の質が悪くなったりインク漏れなどのトラブルの原因になることもあるため、製造販売している会社選びは慎重に行うようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー