役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > プリンターのインクの特徴を理解して購入しよう

プリンターのインクの特徴を理解して購入しよう

 ほとんどの人はプリンター選びはインクの種類で買うのではなくて、単にプリンターの価格とか機能で選んでいます。
そしてそのプリンターで使用するインクは顔料と染料の2種類に分けられていることを知らないままの人が多くいます。
まず最初に顔料インクはインクの粒子が大きいことが特徴となっています。
インクの粒子が大きくて水に溶け切ってないために、粒子が紙の表面に吹き付けられる形で残ります。
そしてインク自体が乾きやすいということもあって、紙の裏までインクがにじみにくくなっています。
また水や光に対する耐性が強いために色褪せたりしにくくなっているので保管方法を間違えなければ長期保存に向いているといえます。
そして何よりも色がはっきりくっきり残ります。
しかし顔料系のインクは粒子の大きさと速乾性ゆえにプリンターの内部のノズル内でインクが固まって目詰まりしやすくなります。

 そのため時々はテスト印刷をするとかノズルヘッドクリーニングを行うなどする必要が出てきます。
もちろんテスト印刷やノズルヘッドクリーニングを行うときにもインクを消費します。
これに対して染料系のインクはインクの粒子が細かいために水に溶け切っています。
そのため印刷をしたらインクが紙の裏側までしみこみやすくなってしまいます。
また乾くのにも時間がかかってしまいます。
これだけを書けば誰しもが顔料系のインクのほうに軍配を上げるかもしれません。
しかし染料系のインクには顔料系にはない特徴として色の微妙な具合を出しやすい特徴があります。
そのために絵や写真などの言葉では表現しにくい微妙な色再現を求める印刷に向いているとも言えます。
また粒子が細かくて水に溶けやすいためにプリンターの内部でインクが目詰まりする可能性が顔料系に比べて少なくなります。

 これとは店頭では純正と互換のインクの文字がついたインクも販売されています。
これは顔料と染料ともに存在していて、単にプリンターを製造しているメーカーが製造したインクかそうでないかの違いです。
一般的にはプリンターを製造したメーカーが製造する純正インクの購入が推奨されています。
というのは互換インクは安価なのが一番のセールスポイントですが、その分品質の低下も避けられないからです。
安価が実現できている理由はインクが入っている容器を再利用している以外に、インク自体の品質を落としているからです。
この品質の低下で懸念される点はインク漏れやインクの残量認識がされない可能性が純正よりも少し高くなっています。
また印刷した場合の色の鮮やかさも見劣りしています。
そして互換インクを販売している業者自身もその点を認めていますので、もし互換インクを購入しようとする場合は、そのあたりのリスクもあることを承知で買わなければなりません。

次の記事へ

カテゴリー