役に立つ!プリンターインクの専門店

HOME > プリンターのインクについて > インクジェットプリンターのインクの種類について

インクジェットプリンターのインクの種類について

 インクジェットプリンターを選ぶ際は、本体の性能や価格にばかり気を取られがちですが、同時にインク選びも重要になります。
なぜなら、インクジェットプリンターで使えるインクの種類は決まっており、そのインクの種類によって特徴が変わってくるからです。
なので途中でインクの種類を変えたいと思ってもそれは出来ないため、初めにどのインクが自分の用途に合っているのかを知っておく必要があります。
インクジェットプリンターで使用されるインクの種類は、「顔料インク」と「染料インク」の主に2種類であり、プリンターもそれぞれのインクの種類に対応した機種に分かれます。
ですので、インクジェットプリンターを購入する際は、どちらのインクに対応しているのかということをあらかじめよく確認しておきましょう。

 「顔料インク」の特徴は、インクの粒子が比較的大きいということであり、紙の表面部分にインクがくっつくようにして印刷されます。
ですので発色がしっかりとしているという特徴があると言えますし、特に黒をしっかりと出すことが重要になる文字の印刷に向いていると言えるでしょう。
顔料インクのメリットとしては、発色が良いことの他にも、紙ににじみにくいことや、光や水などによる劣化に強いということが挙げられます。
そのため、長期保存を目的とした文書の印刷を考えている場合などは顔料インクのほうが向いていると言えます。
ただし顔料インクのデメリットとしては、繊細な色の表現に欠けている点や、価格が高いということが挙げられます。
ですので基本的には写真の印刷などには不向きだと言えますが、色の数を多くすることで繊細な色の表現をすることも可能です。

 一方の「染料インク」の特徴は、顔料インクよりインクの粒子が細かいことであり、紙の表面だけでなく内部までインクが浸透しやすいことです。
なので、なめらかで繊細な色の表現が可能なため、家庭などで写真印刷を行う場合などに向いていると言えるでしょう。
染料インクのメリットとしては、色の表現力が豊かであることの他にも、光沢紙で上手く印刷が出来ることや、価格が安いということが挙げられます。
染料インクの場合は、光沢紙を使うとよりキレイに印刷することが可能であり、価格も顔料インクより安いため家庭での写真印刷にピッタリだと言えるでしょう。
ただし染料インクのデメリットとしては、光や水に対して弱いことや、普通紙とあまり相性が良くないことが挙げられます。
ですので、印刷物の長期保存にはあまり向いていないと言えるため、ビジネス用というより家庭向きのインクだと言えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー